PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

横浜市戸塚のSNS「とつかーな」運営者ブログ

横浜市戸塚のSNS『とつかーな』の運営者ブログです。戸塚に生まれてこのかた25年間いる社会人を中心に運営しています。http://totsucana.net/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - |
戸塚のミクシーコミュニティが若干気になります。
最近は、ミクシー内の戸塚コミュニティでも、
戸塚飲みをやってたりして、盛り上がっているみたいで、

とつかーなも、テーマが教育に絞れてきたのはいいのですが、
そういうのもありかなと思いますね。

私自身は、結局ワウディをやめてしまいましたが、最近は、戸塚ネタで
いうと、松壱家(ラーメン屋)にはまっています。

ちょっとにがめの、しょうゆとんこつ味がいいんです!
こげがはいってるからなのかなあ。ねぎちゃーしゅーで、1000円きっかり。

お店の店員さんもみんな明るくて、はきはき声。そりゃ客も入るわな。見習うところ
の多いお店です。特に若い女の店員さんの態度が印象的ですよ。気遣いとか。
| とつかーなのこと | 01:43 | comments(11) | - | - |
ドンガラビシャン
すんごい疲れました。パシュフィコでの手作り楽器inだがしや楽校。
でも、それ以上の充実感があったんですけどね。
そんな3日間を振り返ってみました。



開始前日の夜、主催メンバー3人がとつかーな事務所に集結、
打ち合わせ&手作り楽器のサンプル作りをしました。
が、開始が遅くなってしまったこともあり結局終わったのが当日10/27の朝4時。
仮眠をとって出発・・と思ったら見事に寝過ごしてしまい焦りながらパシュフィコに車で荷物搬入。

台風直撃ということもあってかお客さんもまばらでしたが、来てくれた子にペットボトルでマラカスを作ってもらいました。
工作モノはみんな楽しそうにやりますね。
その反面、予定していた宣伝営業や演奏は不人気。
誘ってみてもノリ良くやってくれる子はあまりいませんでした。




そして翌日、28日。天気も回復してお客さんの出足がよかったです。
お客さんがどんどん来るのは逆に大変なところもありましたが、そこはU-30メンバーの応援に助けられました。

この日は前日の反省を活かし、来てくれた子どもを楽器作成部門をメインに割り振り、グループで来てる子・ノリの良さそうな子を選んで宣伝営業・演奏に誘いました。
こうして結成された即席バンドで「となりのトトロ」を手作り楽器で演奏・合唱した時の写真が↑です。
昨日無理に演奏してもらった子と違って活き活きした表情でやってくれました。
その後演奏しながら会場を回ってもらい、宣伝営業部門もなんとか形になりました。

感じたのは適正の見極めと大人が見本を見せること。
やりたくないこと・向いていないことは無理に勧めても楽しく参加してもらえませんし、知らないことはまず例を示し最初のレールを敷いてあげることで走り出せる。
選択力の未熟な子どもへの対応法を改めて実感しました。

そんなこんなでイベントの大変さ、楽しさを知った3日間でした。
企画から実施まで、やってみて初めて分かる感覚ですよね。
興味のある方は一度一緒にやってみませんか?オススメです!
JUGEMテーマ:地域/ローカル


| イベント | 05:29 | comments(0) | - | - |
だがしや楽校参戦記
だがしや

10月27日、ちょっと前になりましたが、なにがどんな日だったか
覚えていますか?

僕は強烈に覚えています。


台風直撃!!!

というわけで、そんな台風のなか、牛乳ぱっくやら、ダンボールやらを
はこんで、パシフィコ横浜にのりこむという・・・そんなところから
スタートしたのでした。

でも、終わってみれば、バッチし、グッドな企画で、楽しむことが
できました。
今回はとつかーなと、よこねこさんというサークルとのコラボということで、
リサイクル楽器だったんですが、これがまた、ドラムセットって結構楽しい
もんなんですよ。 あとね、どんぐりとペットボトルで作るマラカスも大好評でした。あと、
簡単なストロー笛ひとつでも、あんなぶーぶー大きな音がでるのは新鮮な発見ですよね。

みんなで、楽器演奏をして、会場中をまわったり。子どもは、おとなの誰かひとりが
中心になってやれば、どんどん群がっていっしょになって楽しんでくれるんですね。
そうした発見も新鮮でした。

ぜひ、こんどはとつかーなユーザーの皆様もいっしょにやりませんか?
と、お誘いしたくなるような良い経験ができました。
| - | 23:51 | comments(0) | - | - |
だがしや楽校(10月27日・28日)参戦!!
だがしや楽校のミーティング風景

お久しぶりです。とつかーな管理人のジャッキーでございます。
さて、なかなか活動報告できていないのですが、裏ではしっかり動いています。
【告知】
だがしや楽校 10月27日土曜日、28日日曜日
パシフィコ横浜 展示ホールBにて開催!

とつかーなも参戦します!店名は【ドンガラビシャン】
リサイクル?楽器の手作り・販売、演奏といった企画です。
とつかーなご愛好者の方々はじめ、ちらっとここを通りすがった方でも、
ぜひいらっしゃってください。
(写真は、県民センターでのミーティングの様子。おぐひよクンが相当うまい
仕切りを見せてくれました。ああいうアジェンダ把握や議事のスキルは経験でうまくなりますが、その経験を感じたな。)

ところで、ちょっとこのSNSの目的を振り返って見ます。

まず、私どもは、地域が支える教育というものをより充実させていこうと
思っています。このSNSの大きな目的のうちのひとつであります。

ただ、単に地域が支えればいいというのではなくて、今までよりも広範な
かたがたの関与を引き出せないか?というのが狙いでもあります。
すなわち、そんなにいつも従事する時間はない方々も、自分の職業や専門から
「私はこういう社会の見方をしている」と、子どもに伝えることが大事なの
ではないかと思っています。
やや抽象的になりました。要するに、子どもたちへの敷居を低くしたいのです。
たとえば、「消費者」としての視点はとても大事ですが、一方で「物を売る者」
の視点もあります。貯蓄をすることは大切ですが、一方で、「投資」をしている人たち
もいます。いずれも一方的なものの見方に摺り寄せては、子どもの可能性を狭めるばかりか、社会のためにもなりません。

ということで、えらそうに書いてしまいましたが、実際やっていることは、
・東戸塚を拠点に、実際に学校現場で試す、子どもを対象としたワークショップの考案
 斬新なアイディアから面白い遊びを、面白い教育プランを考える。
・だがしや楽校への参戦 となります。
 企画の競い合い、子どもたちの動きの中で、大人は企画力を学び、子どもは
 職業の姿や対価の重要性を学ぶ。

以上です。今回は戸塚でやるものではないです笑
| イベント | 21:44 | comments(2) | - | - |
ハンバーガー教室


今回の企画はハンバーガーづくり。
場所はおなじみ川上小学校です。

早朝に起きてデミグラスソースを作ったんですが、これに手間取って到着時間が予定より20分遅くなり、ギリギリまで準備作業。
その後、他スタッフとの打ち合わせもあり、9時開始の予定が9:10開始になってしまいました。ここは反省。
タネ作り・材料カットは順調に作業をしていました。

そして今回の隠しメイン、オリジナルソースづくり。
ソース、ケチャップ、マヨネーズ、マスタード(辛くないタイプ)、コンソメ、みりん、みそ、塩、砂糖、こしょう、オリゴ糖、いろいろ用意したんです。
この企画はハンバーガーづくりもさることながら、いろいろな調味料を混ぜて
独自のソースを開発してもらうのを売りにする予定でした。
そしてできたソースにネーミングさせる。
子どものクリエイティブな面を引き出せればと思ったのですが・・。
はりきって調味料の配合表まで作っていったもののほとんど機能せず。
ハンバーガーができただけで満足してしまったのが主な原因。
書くことも強くは強制しなかったのでだいたい混ぜておしまいになってました。
工程の持って行き方や指導方法を変えればより活きたと思うのですが。
ここは改善すべき点が多かったです。
もちろん配合を書かなくてもオリジナルソースを作ってくれた子はたくさんいました。ソースづくりなのに『ケチャップ+砂糖』なんて配合には驚きましたけど。
子どもって甘いモノ大好きなんですね。

参加した子どもの男女比は3:7くらい。
ハンバーガーなら男の子も来てくれると踏んだのですが、どうやら同時開催の紙飛行機づくりに引っ張られてしまったらしく、少し残念な結果に。
これは相手が悪かった。
男の子も最初は料理に抵抗があるようですが、一度引き込んでしまえば
あとはノリノリでやってくれちゃったりします。
そこは大人が少し誘導してあげたらよいのかな、と思います。

そうそう、今回バーガーに使ったパン、これがオススメ。
サンライズっていうパン屋さんなんですが、ここの食パンが絶品なんです。
ひとつ口に入れるとこれがフワトロ。
ワタのように柔らかく、噛んでいくといつのまにか消えてしまうような感覚になります。
逆に耳はただのパンとは思えないほどの歯ごたえ。この食感もたまらない。
一枚のパンに二律背反とも思えるような異なる存在が同居する、
そんな不思議な食パンをぜひ食べてみて欲しいです。
いや、コレ食べたら大手メーカーの食パンなんて口にできませんよ、ホント。
目立たないところに目立たない店構えですが、品質はピカイチ。
まさに地元(東戸塚)の名店といっていいでしょう。
お近くにお住まいの方はぜひ足を運んでみてください!

◇お店紹介◇
サンライズ
住所:神奈川県横浜市戸塚区名瀬町761-7
電話番号:045-812-1481
食パン1斤=150円(10斤買うと1斤サービス。安すぎて経営が心配です・・)
ちなみに、広告料などは一切いただいていません。(笑)
| イベント | 20:22 | comments(1) | - | - |
9/8 クレープ教室


9/8(土)に川上小学校でクレープ作りを子ども達に教えてきました。
忙しくて実施時写真を取り忘れてしまったので終わった後の残骸です。
クレープ自体はイベントで何度も作った経験があるので要領はつかめていました。
前日からカスタードクリームと生地のタネ作り。
しかし慣れているとはいえ160食分。仕込みに4時間ほどかかりました。
そしていざ小学校へ。

自分で作るのと子どもに作らせるのは大きな違い。
あっちこっちで「できないよ!」の声が聞こえてきて、てんやわんや。
それでもお手伝いのお母さん方ががんばってくれたのでなんとか手が回りました。
そんなあわただしい現場でしたが、めいっぱい体と頭を動かすのって気持ちいい。
指示することで動き、結果が出ると達成感もあります。

実際の作業ですが、中学年でも缶切りを使うことができないんですね。
ももの缶詰があったんですが、いつまでたっても中身が出てこない。
手を添えてあげてやっと切れる状態でした。
「できるからもういい」と自分でやり始めるのですが手を離すとやっぱり切れず。
昔の自分のこうだったのかな、と思い返していました。
人の手は15年ほど掛けて大人と同じ骨格になるんだそうです。
子どもが細かい手作業が難しいのは思考力・経験以外に体ができていないこともあるんでしょうね。
包丁は上手に扱っている子がいました。大人には一般的でない引き切り。
基礎がないからこそ自由な発想でできるんだろうなぁと見ていました。
もちろん上手に切ったとはいえ小学生、そこは後で果物の大幅不足という形で現れスーパーに走ることになったのですが。

生地の焼き工程ではフライパンを触ってしまった子が3,4人。
症状は痛みのみの極軽いヤケド(掬戞⊇蠍無し)。
この程度なら問題なし。事故0よりもむしろよかったのではないかと思います。
熱い、痛い、辛い。経験することで次はどうしようかと考えるもの。
加熱されたフライパン、見た目は加熱前と変化はない。
では何故触ってはいけないのか?
どんなに言って聞かせるよりも体験すれば一度で分かる。
百聞は一痛にしかず、といったところでしょうか。
安全だけを主張し、痛みを教えない教育の行く末が心配です。

材料の不足こそ合ったものの、クレープ自体はおおむね好評。
上手くできなかった子も回数を重ねる毎に手つきが様になってきて楽しそうにしていました。
よい体験機会を提供できたのではないかと思います。
| イベント | 19:07 | comments(0) | trackbacks(131) | - |
そして、何もなくなった!?
zu

いやあ、本当に、何もなくなっちゃいましたねえ。
旭町商店街。

ここまでなくなると、もうなんていうか、昔何があったのか
思い出せないくらいです。

いよいよ戸塚も変わるということですね。

| 戸塚のこと | 01:37 | comments(0) | - | - |
自由工作


川上小学校のはまっこに参加してきました。
テーマは工作教室。
夏休み終了直前ということでまだ宿題が終わってない子ども達を
サポートしようというわけです。
その頃を思えば、8月31日にやっつけ仕事といえば定番だったわけで・・
そんなわけで作ってもらったのが左下の写真に
寝そべってる牛乳パックフクロウ(通称:フクジロウ)です。
遊び方は糸でつり下げて、かませた割り箸が回転しながらカタカタと落下させます。
これが単純な割に動きがコミカルでおもしろい。
制作工程もちょっと手伝えば1年生でもできちゃう簡単工作。
おまけに原材料費10円以下というスグレモノ。
予算も人も少ないとつかーなにはもってこいの企画なんです。(笑)

制作は順調で、作った子ども達はみんな可動品が完成。
ただ、指導は思ったより大変でした。
複数の子が同時進行で作るので、個別対応していると追いつかない。
今回はお手伝いで大学生と看護学生が手伝ってくれたのでなんとかなりましたが
人手が少なかったら十分な制作サポートはできなかった様な気がします。
それを考えると多くの子ども達に同じ作業をさせる学校の先生はすごいなぁと
思いました。固定メンバーで指導者という身分が確立しているということは
大きな安定要素ではあるでしょうけど。

ちなみに右下の花はペーパークラフトです。
子ども達にコケにされたので、大人の実力見せてやる!と意気込んで作ったら
作り方を間違えてしまいました。しかも手伝ってくれた子どもの方があってたもんで
ますます立場がなくなりました。(笑)
そして知りました。説明書は読むためにあるんです!
| 戸塚のこと | 12:22 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
障害者交流会
クレープ

先週土曜日、東戸塚のケアプラザで障害者交流のイベントでクレープ販売をしてきました。
もともとクレープは無料で配る予定だったのですが、他の店舗との兼ね合いで有料化が
決まり、急遽作ってもらったポップが上の写真です。
白と黒だけでこれだけ派手にできるのもセンスだなぁと実感しました。
ちなみに下の方にいるのは「小倉ひよこ(c)」なんだそうです。
小倉くんが書いたひよこです、すんごいローカルです。
クレープは全部で50枚販売。来客数の割にはかなり多く売れました。
障害者の子どもがお手伝いをしたときにもらえる「ケアラ」で4枚買ってもらえました。

その後の交流会では教育支援協会のT氏の企画で、地域社会をテーマに
若者達だけのグループ作り「U(アンダー)-30」に参加してきました。
みんな夢や理想を持った人たちで、話していて楽しかったです。
今後のとつかーなの企画でも連携できればいいなと思います。

http://totsucana.net/
| イベント | 10:03 | comments(0) | - | - |
川上小学校!
先日、7月の29日は、大雨が降った日ですが、
僕らは川上小学校の夏祭りでまとあて屋をしていました!
(&ごみの分類の担当もしてたんで、分かる方は分かるかも
なぜって、もうひとりのミルク納豆君は、ごみが捨てられるたびに
「ピンポン♪」とかいって、超変人くんだったから笑)

まあ、それはともかく、
川上小学校という、東戸塚の、オーロラモールとかのない方の学校は
非常にすばらしいのです!

僕らの小学校のころの環境とは比較にならないんです。
たとえば、放課後にあらゆる、体験的な遊びを経験できるはまっこが充実
していたり(割り箸鉄砲、竹細工、空気砲、なんでもかんでも)、
学校を中心にお祭りが開催されるので、地域住民の関与が非常に活発なので、
様々なアイディアが実現されている印象です。

それも、教育支援協会さんというNPOのご担当者のリーダーシップがかなり
大きいのかなと思っています。

とつかーなとしても、チャレンジできる機会にはチャレンジして、
具体的な行動にむすびつけていきたいものです。

| 戸塚のこと | 12:01 | comments(1) | - | - |